アパ・キ・パサンド社

Aap ki pasand(アパ・キ・パサンド社)
インド政府御用達の紅茶鑑定士がセレクトする上質な茶葉

アパ・キ・パサンド社は、インド政府御用達として国賓の贈答品を選定するほど卓越した能力と経験をもつ紅茶鑑定士サンジャイ・カプール氏が、自ら創立した高級紅茶専門会社です。 社名の由来は英語でいう”As you like it ”つまり”お気に召すまま”という意味のヒンドゥー語。 「あなたの好みの紅茶を心ゆくまでお楽しみいただきたい」という気持ちが込められています。

 

アパ・キ・パサンド社のサンジャイ・カプール氏とは一体どんな人物なのでしょう?
そして、彼がセレクトする茶葉の魅力とは?

 

その魅力を探るべく、輸入元の八基通商(株)を訪問しました。
今回お話をうかがったのは、八基通商・営業部長の平山さん。
カプール氏とは16年来のお付き合いだそうです。
平山さん自身も紅茶について造詣が深く、本場で行なわれているテイスティング方法や紅茶の愉しみ方など、紅茶の奥深さについてもうかがうことができました。

(取材日:2009年9月某日)

 

カプールさんはどんな人? 紅茶・よもやま話 アパ・キ・パサンド社紅茶紹介
     
カプール氏について 紅茶・よもやま話 取り扱い中の紅茶情報
     
 
紅茶鑑定士 サンジャイ・カプール氏とは?

T : 「初歩的な質問ですが、紅茶鑑定士とはどのような資格なのでしょうか?」

 

平 : 「紅茶鑑定士は試験を受けて取るような資格ではなく、極めて実践的なものです。 素質はもちろんですが、経験や実績が重要です。だいたい1つの茶園で2~3年修行し、 茶葉の育て方や摘み方、加工、テイスティングに至るまでお茶に関するすべての知識を 学びます。その後、紅茶オークションのバイヤーや大手紅茶メーカーのブレンダー、 またはその広報として活動するのが一般的でしょうか。」

 

T :「カプールさんは世界最大の紅茶オークション参加資格を所有していると聞きました。 この資格を取ることはかなり難しいことなのでしょうか?」

 

平 : 「まず、茶葉のクオリティがわかるということが第一条件ですね。そして実績。 また、競り落とした量の茶葉をさばける人でないと難しいでしょう。カルカッタで 行われる世界最大の紅茶オークションに参加できるのは、ごく限られた人数のようですよ。」

 

T : 「世界最大・・・といっても実力のある限られた人しか参加できないのですね。」

 

平 : 「競り落とすために事前に行われるテイスティングも大変なんですよ。一日に届く サンプルが200~300ほどあり、それをすべてテイスティングした後、上質な 茶葉のみをセレクトし、オークションで競り落としていきます。数あるサンプルの中から 上質を瞬時に見極める、優れた嗅覚と味覚、そして長年の経験が求められるわけです。 これがそのテイスティングのときの様子ですね。」

 
サンジャイ・カプール氏  

平 : 「彼は自分の味覚・嗅覚で判断するので、マイナーな茶園の茶葉であっても、 それが良質なものであれば競り落とします。その結果、今まで見向きもされなかった 茶園の茶葉を『カプールさんが買い付けた』という情報が流れるだけで、一気に 値段が上がる・・・なんてこともあるんですよ。」

 

T : 「なるほど。世界中のバイヤーが注目していると言っても過言ではないですね。 資料でいただいた旅行ガイドブック『地球の歩き方<インド>』でも、アパ・キ・パサンド社が インドNo.1高級紅茶店ということでピックアップされていましたね。」

 

平 : 「はい。インド首相が国賓の贈答品に選ぶほどです。クリントン元アメリカ大統領や小泉元首相にも贈っていますよ。」

 
その年、その時期ならではの香り・味・水色を愉しむ

T : 「カプールさんがセレクトする茶葉には、どんな魅力があるのでしょう? 」

 

平 : 「その年、その時期ならではの良い香り・味・水色を愉しんでいただける点でしょうか。ダージリンを例にとるとわかりやすかもしれませんね。写真左から、 ファーストフラッシュ(春摘み)、セカンドフラッシュ(夏摘み)、オータムナルフラッシュ(秋摘み)です。」

  サンチャ・ダージリン
 

平 : 「ダージリンは年に3回のクオリティシーズンがあるため、『シーズナルティー』※ という特別に厳選した茶葉の入荷もしていますが、今回、TFOODSさんで取り上げるSANCHA(サンチャ)ブランドにおいても、こういったシーズンごとの特徴ある香り・味・水色を愉しんでいただけます。気象状況でも茶葉の出来は異なりますから、 その年ならではの個性があるのも注目すべきところですね。」

 

T : 「なるほど。カプールさんの紅茶は年ごと、季節ごとで移り変わる茶葉の“旬”を 常に追い求めているような感覚なんですね。」

 

平 : 「茶葉はあくまで農産物。気象条件や茶園によって毎年出来が違うものです。 カプールさんがもつ熟練の目利きを信頼し、その年、その時期ならではの上質な茶葉を愉しめるのが、最大の魅力だと思いますよ。」

 

T : 「安定した香り・色・味を求められがちな大手紅茶メーカーでは、なかなかできないことですね。手元に届く紅茶は、カプールさんから届く季節のお便りのような感じでしょうか。 届くのが毎回楽しみになりそうな紅茶です。」

 

※ 『シーズナルティー』は、SANCHA(サンチャ)ブランドのダージリンとは、別途に展開 している限定予約商品。ダージリンには早春~秋にかけ年3回のクオリティーシーズンがあり、 その中でも、カプール氏がシーズン最高の芳香と判断した茶葉を『シーズナルティー』と 呼んでいます。

 
カプール氏について 紅茶・よもやま話 取り扱い中の紅茶情報