新田ゼラチンもちのび
もちのびの特長
お餅のような伸びるゼリーが作れる
もちのびは、まるで搗きたてのお餅のように柔らかく良く伸びるゼリーが作れる凝固剤。水分に混ぜ合わせてから、加熱攪拌溶解(85℃以上)して冷やし固めるだけで、非常に粘性の強いお餅のような不思議なゼリーを簡単に作ることができます。
洋風から和風まで幅広く活用
もちのびを使用したゼリーの良く伸びる独特な食感は、通常ゼリーの食感とは全く異なりますので、ヴェリーヌなど洋生菓子のアクセントに最適です。またお餅の食感にも似ている為、抹茶やあんこを使用した和風のデザートとも相性が良い商品です。
冷凍・冷蔵保存が可能で利便性に優れる
もちのびを使用して作ったゼリーは、冷凍・冷蔵保存することが可能です。冷凍したゼリーを解凍しても、柔らかく良く伸びる質感は変わりませんので、作り置きすることができ、利便性にも優れています。
  • 酸の強い素材は固まらない場合がございます。
  • タンパク質分解酵素を含む素材にはお使い頂けません。
もちのびの基本的な使い方
・ もちのび  10g
・ 砂糖  20g
・ 水やジュースなど  200g
①水やジュースなどの液体に、粉体混合したもちのびと砂糖をダマにならないように混ぜ合わせる。
②火にかけて加熱攪拌溶解(85℃以上)。
③粗熱を取った後、容器に流して冷やし固める。
もちのび参考レシピ
■もちっとお餅みたいに伸びる抹茶プリン
・ もちのび  20g
・ 砂糖  40g
・ 抹茶パウダー  8g
・ 水飴  30g
・ コンデンスミルク  20g
・ 牛乳  100g
・ 水  140g
・ 生クリーム  40g
①粉体混合したもちのび、砂糖、抹茶パウダーに、水飴とコンデンスミルクをダマにならないように混ぜ合わせる。
②牛乳と水を加えてから、火にかけて加熱攪拌溶解(85℃以上)。
③火から外した後、生クリームを混ぜ合わせる。
④容器に流して冷やし固める。
■のび~るチーズデザート
・ もちのび  20g
・ 砂糖  25g
・ 水  105g
・ クリームチーズ  350g
事前準備:クリームチーズを湯煎などでやわらかくする
①粉体混合したもちのび、砂糖に、水をダマにならないように混ぜ合わせる。
②火にかけて加熱攪拌溶解(85℃以上)。
③②とクリームチーズをダマにならないように3~4回に分けて混ぜ合わせる。
④容器に流して冷やし固める。
新田ゼラチン/もちのび200g
新田ゼラチン/もちのび200g
冷凍・冷蔵保存可能な柔らかく良く伸びるゼリーが作れる凝固剤。もちのびを水分に混ぜ合わせてから、加熱攪拌溶解(85℃以上)して冷やし固めるだけで、非常に粘性の強いお餅のような不思議なゼリーを簡単に作ることができます。標準使用量は全量の4~5%。
購入はこちらから