SOSAメチルジェル
SOSAメチルジェルの特長
冷やして溶解・温めてゲル化
メチルセルロース100%を原料に作られたメチルジェルは、4℃以下の水分で溶解させてから60℃以上に温めるとゲル化するという、非常にユニークな凝固剤です。加熱溶解後に冷やし固める従来の凝固剤とは真逆の性質を持っています。
温製のゼリーやスフェールに
「冷やして溶解・温めてゲル化」というメチルジェルの特性を活かすことで、従来の凝固剤では困難だった温製のゼリーやスフェール(ゼリーの膜でソースを包み込んだもの)を作ることが出来ます。また肉や魚の表面に塗ってオーブンで焼いたり、揚げ物の具材にするなど、様々な料理に応用することも可能です。
保形性がありながらも滑らかな食感
メチルジェルを使用したゼリーは、高温状態では弾力と保形性がありますが、温度が低下するに伴い凝固力も弱くなる為、食べた際に咀嚼することで滑らかな食感に変化します。スフェールに使用した際も、ゼリーの膜が口の中に残りませんので、料理の食感を阻害せずにお召し上がり頂けます。
SOSAメチルジェルの使い方
◆ ヌードル風ゼリー(スープ仕立て)
【 配 合 】
・ 水分(ジュース、薄めたピューレなど) : 適量
・ メチルジェル : 水分に対して2~3%
・ お好みのスープ : 適量
・ お好みの具材 : 適量
①水分とメチルジェルをハンドブレンダーで混ぜ合わせ、冷蔵庫で4℃以下に冷やす。
②65℃以上に調温したお湯の中に絞り入れて凝固させる。
③熱したスープに浮かべて具材を添えて完成。
◆ 温製スフェール(スープ仕立て)
【 配 合 】
・ 水分(ジュース、薄めたピューレなど) : 適量
・ メチルジェル : 水分に対して2~3%
・ お好みのソース(半球型に冷凍) : 適量
・ お好みのスープ : 適量
・ お好みの具材 : 適量
①水分とメチルジェルをハンドブレンダーで混ぜ合わせ、冷蔵庫で4℃以下に冷やす。
②半球型に冷凍したソースを①のアパレイユにくぐらせる。
③65~70℃前後に調温したお湯の中に入れて凝固させる。
 (沸騰したお湯の中に入れるとスフェールが壊れる可能性有り)
④熱したスープに浮かべて具材を添えて完成。
◆ CHICKEN WITH ASPARAGUS SKIN
【 配 合 】
・ 水 : 適量
・ メチルジェル : 水分に対して3%
・ アスパラガス(スライス) : 適量
・ チキン : 1枚
・ 塩、コショウ : 適量
・ お好みの具材 : 適量
①水分とメチルジェルをハンドブレンダーで混ぜ合わせ、冷蔵庫で4℃以下に冷やす。
②チキンに①のアパレイユを塗り、塩・コショウで味を整える。
③スライスしたアスパラガスを重ねて、再度アパレイユを塗る。
④オーブンで焼成する。
⑤お好みの具材を添えて完成。
※詳しい調理方法はSOSA社の公式動画でご確認下さい
⇒ SOSA公式動画 (動画サイトに移動します)
◆ CHICKEN WITH TANDOORI DIP
【 配 合 】
・ オニオンブイヨン : 適量
・ メチルジェル : 水分に対して2.8%
・ チキン(カット) : 適量
・ パートフィロ : 適量
・ 塩、スパイス : 適量
・ お好みの具材 : 適量
①オニオンブイヨンとメチルジェルをハンドブレンダーで混ぜ合わせ、冷蔵庫で4℃以下に冷やす。
②カットしたチキンに①のアパレイユを塗り、パートフィロを巻く。
③油で揚げる。
④お好みの具材を添えて完成。
※詳しい調理方法はSOSA社の公式動画でご確認下さい
⇒ SOSA公式動画 (動画サイトに移動します)
  • メチルジェルを使用したアパレイユは粘性が付きます。
  • 4℃以下の冷蔵時間が短い場合、正常に凝固しない事があります。
  • 60℃以上の加熱時間が短い場合、ゼリーの中心まで十分に凝固しない事があります。
  • 一度ゲル化したゼリーは温度低下と共に柔らかくなり、冷蔵すると液状に戻ります。
  • メチルジェル自体に独特の匂いがある為、味や香りの付いた水分をベースに使用することを推奨します。
  • メチルジェルは食品添加物としての使用基準が定められている為、1食あたりの使用量が「2.0%以下」になるようご注意下さい。
【使用基準】
食品の2.0%以下。ただし、本品をカルボキシメチルセルロースカルシウム、カルボキシメチルセルロースナトリウム及びデンプングリコール酸ナトリウムの1種類以上と併用する場合は、それぞれの使用量の和が食品の2.0%以下。
SOSA/メチルジェル300g
SOSA/メチルジェル300g
メチルセルロース100%を原料に作られた凝固剤。4℃以下の水分で溶解させてから60℃以上に温めるとゲル化するという、従来の凝固剤とは真逆の性質があります。この性質を利用することで、従来の凝固剤では困難だった温製のゼリーやスフェール(ゼリーの膜でソースを包み込んだもの)を作ることが可能です。
購入はこちらから