南日本酪農協同 高千穂バター&生クリーム
宮崎県都城市に本社を構える南日本酪農協同
宮崎県の南西部、鹿児島県と隣接した場所に位置する都城市(みやこのじょうし)。県境には、天孫降臨の舞台として知られる高千穂峰などの山々が連なる霧島連山がそびえ立ち、都城盆地の肥沃な土壌と温暖な気候により農業・畜産業が盛んで、南九州の拠点都市として栄えています。そんな宮崎県都城市には、「高千穂バター」や「高千穂生クリーム」を製造する乳製品メーカー、南日本酪農協同株式会社の本社があります。
南日本酪農協同は、1960年に宮崎県南部酪農業協同組合の設備を引き継ぐ形で設立されました。牛乳はもちろん、南九州ではソウルドリンクとして大人から子供まで親しまれる「乳性炭酸飲料スコール」や「乳酸菌飲料ヨーグルッペ」などの人気商品を生み出しながら、事業を拡大。今日では南九州に3か所の製造工場と、全国12都市に営業所を構えて、牛乳やヨーグルト、バターなど高品質な乳製品を日本各地に提供しています。
愛情を持って牛を育てる酪農家と共に歩む
牛乳を始めとする乳製品は、牛から搾った「生乳」を原料に作られますが、牛を大切に育てている酪農家の存在なくしては、この生乳を得ることは出来ません。

南日本酪農協同に生乳を納めている宮崎県南部酪農業協同組合では、現在22戸の酪農家が牛を育てています。多くの酪農家は、家族数人という限られた労働力の中で、数十頭から百頭を超える牛を育てています。ひとえに牛を育てるといっても、毎日の健康管理はもちろん、エサの供給、飼料作物の栽培、搾乳、出産など、酪農家の仕事は多岐に渡ります。なにより、生き物を育てる酪農家に休日などありません。そんな酪農家たちの日々の努力があって、ようやく生乳を授かることが出来るのです。
南日本酪農協同は、南九州の酪農家たちが力を合わせて設立した会社です。それだけに一生懸命に愛情を持って牛を育てる酪農家の想いを大切にして事業に取り組んでいます。酪農家と共に歩む姿勢こそ、南日本酪農協同の強みとなり、高品質な乳製品の製造に結びついています。

南日本酪農協同に生乳を納めている酪農家の一人、永緑さん夫妻。

体調の変化やエサなどに気を配りながら、永緑さんが大切に育てている牛たち。

宮崎県南部酪農業協同組合の代表理事を務める池田さんも酪農家。

池田さんの牛舎はフリーバーン(放し飼い)。ここで100頭を超える牛を飼育しています。
徹底した品質管理と世界的な食品安全基準
酪農家が愛情を持って育てた牛から搾った生乳は、新鮮なうちに工場へと運び込まれます。運び込まれた生乳は、厳しい品質検査を受けた後、浄化・殺菌などの処理が行われます。経験豊かなスタッフと精密な検査機材による徹底した品質管理によって、ようやく生乳は乳製品の原料へと生まれ変わります。

南日本酪農協同の製造工場では、厚生労働省による衛生管理手法「HACCP」、国際的な食品安全マネジメントシステム「FSSC22000」をそれぞれ取得しています。「南九州の酪農家とともに安心安全な商品をお届けします」という企業理念のもと、世界的な食品の安全基準をクリアすることで、さらなる品質の向上に努めています。

ヨーロッパの建物を彷彿させるレンガ外壁が特徴的な南日本酪農協同の都城工場。

東京ドーム約2個分という広い敷地内は、大変きれいに整備されています。

牛から搾った生乳は、新鮮なうちに冷却設備を備えたタンクローリー車で工場へ。

工場に運び込まれた生乳は、厳しい品質検査後に浄化・殺菌などの処理が行われます。

「HACCP」や「FSSC22000」といった認証をクリアした工場。品質の向上に努めています。

左から次長の花村さん、工場長の宮田さん、課長の岡留さん。工場での業務を取り仕切る。
南日本酪農協同 商品ラインナップ
高千穂バター無塩450g
南九州で採取された新鮮な生乳を最新の設備と技術を駆使して加工したバターです。製菓製パンから料理まで幅広くご利用いただける人気の商品です。
高千穂バター加塩450g
高千穂バターの有塩タイプ。生乳から分離して得られた生クリームを衛生的な連続式バター製造装置で製造しました。高品質な仕上がり。
高千穂発酵バター無塩450g
高千穂バターの発酵タイプ(無塩)。生乳から分離して得られた生クリームを、厳選された数種の乳酸菌を用いて発酵させた後、伝統的なバッチ式メタルチャーンにより製造しました。発酵風味豊かなヨーロッパタイプのバターです。
高千穂クラシックバター無塩450g
国内トップクラスの低い水分量を誇る低水分バター(水分13%以下)。ヨーロッパの伝統的な製法であるバッチ式メタルチャーン製法で製造し、製造工程に手間と職人的熟練を要する限定品です。
高千穂発酵バター加塩200g
人気の高千穂発酵バターの有塩タイプ家庭用サイズ(200g)。乳酸菌を加えた発酵タイプなので風味がよく、油っぽさが無くさっぱりとした仕上がりでコクもあります。
高千穂生クリーム38%(1L)
南九州の雄大な自然の中で育った乳牛の良質な生乳で作られた高品質な生クリーム。殺菌方法には必要最低限の温度で有害な菌だけを殺し、できるだけ本来の生乳が持っている栄養や風味を損なわないようにする「パスチャライズ殺菌」を採用。
高千穂生クリーム38%/業務用ケース(1L×12本)
高千穂生クリーム38%の業務用ケース販売(1000ml×12本)。1本あたりの価格はバラ購入よりもお求めやすくなっております。
高千穂生クリーム48%/業務用ケース(1L×12本)
高千穂生クリーム48%の業務用ケース販売(1000ml×12本)。九州の大自然が育んだ高脂肪タイプの純生クリームで、濃厚なコクと口溶けの良さが特長。